HD'S ONLY @Narukawa MADE

クルーズコントロール自己診断

2015/03/02
NEWS 0
最近お客様だけではなく業者様からもお問い合わせが多いのが、ツーリングモデルのクルーズコントロールが作動しないどうしたら って お電話頂くのですが!

自己診断機能があるんですよ(((o(*゚▽゚*)o)))
それぞれのスイッチまたは配線が確認できます。

まずは、スイッチですが

①クルーズコントロールスイッチ (当然オンでメーターのオレンジのランプ点灯ですよね)
②エンジンストップスイッチ
③クルーズスピードスイッチ

では、自己診断です。
⑴エンジンストップスイッチをオフ、クルーズスピードスイッチをセットの位置で保持したまま
メインスイッチオン
⑵そのまま、エンジンストップスイッチをオンにするとメーターのオレンジのランプがグリーンの代わります。保持してたクルーズスピードスイッチを解放するとメーターのランプがオレンジに変われば、OKです。グリーンのままだとクルーズスピードスイッチ&配線のショート、短絡が予想されます。
⑶ 念のため為、クルーズスピードスイッチの逆方向(ー側)でもチェックして下さい。
⑷アクセルグリップを閉じる方へ回して保持するとオレンジがグリーンへそして保持を解放するとオレンジに変われば、正常です。
⑸同じようにFブレーキ、Rブレーキ、クラッチレバーも同様に点検です。作動側でグリーンで解放するとオレンジになれば、正常です。モチロングリーンに変わらなければ、そのスイッチの不良または配線の断線です。

そうそう、たとえモジュールがサンダーマックスなんかに変更されてても上記方向でOKです。

ハンドル交換なんかの後の配線チェックにもけっこう便利に使えます。
乗らなくてもクルーズのチェックができますから(^_^)v

ハーレーカスタム 修理 車検等 お気軽にご相談ください。

HD'S ONLY NARUKAWA
http://www.narukawa.ne.jp
☎︎059-393-2128
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
NEWS